幼稚園の参観日の当日

我が子と友達について

幼稚園の参観日が毎年6月頃にあります。入園させたのが、6月を過ぎていましたので、1年たって初めての参観でした。とても元気で明るくてムードメーカー的存在ですと、いつも連絡帳に書かれていたので、とても楽しみでした。

みんなのリーダー的存在で、ふざけることも多く、いつも笑いの中心にいたようです。家では甘えん坊で、全然自分では何もしない子なので、その様子をみるのがとても楽しみでした。でも、上のクラスにいるので、途中でぬけてクラスにもいこうと思っていました。

幼稚園につくと、すぐに外で帽子をかぶって、シャボン玉で遊んでいるのが見えました。大きなお姉ちゃんたちに混じって、必死にシャボン玉をしていました。小さなすべり台でケラケラ笑いながら友達と遊んでいました。

その様子を離れたところから見ていました。その後、各部屋にもどったので、はじめにクラスへ行きました。私を見つけて走ってきたときは満面の笑みでした。すごく可愛かったです。

ちゃんと先生の話も聞けて、可愛い手遊びも披露してくれました。みんなが友達同士で遊びだしても、私から離れようとしない。すごい甘えん坊さんにかわってしまい、驚いていたのは先生たちでした。

もうそろそろクラスに行かないと、かわいそうだなと思っていたときに、昼食でランチルームに移動になったので、その隙に、クラスへ行きました。そこでは親子一緒に工作をするもので、先生と一緒に絵を描いている途中でした。

私が来て、すごく喜んでくれました。一緒に絵を描いて、地域の夏祭りで飾る、行灯をつくりました。2人の幼稚園での様子、友達との関わりあいを見れて良かったです。