育児中のアクセデント

予定日より早く出産することになる

切迫早産で緊急入院になったため、急遽、幼稚園へ入園させることになってしまいました。全くの予定外なことで、受け入れてくれるかどうかもわからないまま、友人へメールで幼稚園の電話番号をきき、病院から直接保育園へ電話しました。

土曜日で、電話がつながるかもわからなかったのですが、自宅から近所の幼稚園で、園庭開放や在宅児としても、様々なイベントに参加させてもらていたので、先生たちにも子供の顔は覚えてもらっていたと思います。

無事、電話がつながり、園長先生に、「切迫早産で緊急入院することになり、昼間預かってくれるところがないので、入園させたいんですが、急に月曜日からは難しいですか?」と尋ねました。園長先生も、理解してくれて、「本当は市役所へ手続きをふんでからでないと受け入れられないのですが、事情も事情ですし、月曜日から連れてきてもらっていいですよ。」と快い返事をいただけました。

手続きは、後からでもいいように市役所へは連絡もしておきますと言ってもらえ、とても助かりました。そのときの入院は2日ほどですぐに退院しました。月曜日、私が幼稚園にいくと、アンパンマンの遊具に夢中になり、泣くこともほとんどありませんでした。

2日ほどですっかり慣れて、外遊び、昼食、お昼寝、おやつのリズムもよく理解しているようでした。お友達もたくさんできて、毎日楽しく通うことができました。その後、またすぐに私が緊急入院で1ヶ月ほど入院することになりました。

入院中に特に気を付けたことは食事です。 妊娠後期の食事はどんなことに気を付ける必要があるかを調べてみました。これはとても役立つ情報でした。 良く食べるようになる妊娠後期では食事とおやつのバランスが大切だということがわかりました。

幼稚園にはいってすぐ、また私が入院することになってしまい、やはり不安定になっていたようですが、子供はとてもよくがんばってくれました。病院へ来ても、泣いて私から離れないということはなく、家に帰ってから涙がでていたようです。でも、週末、私に会った次の日は、すごく元気で「お母さんとこ行ってきた」と嬉しそうに話してくれていたらしいです。