妊娠していることがわかる

お腹の子がいるときの育児

2歳半の頃、下の子を妊娠しました。以前からそろそろ2人目がほしいなぁと主人と相談していました。妊娠がわかったときはすごく嬉しかったです。すぐ話してもわからないだろうと思い、3歳近くなった頃に話してみようと決めていました。

赤ちゃん返りするかな?赤ちゃんに意地悪したりするのかな?と色々と心配しましたが、産まれてくることはとても楽しみでした。何も伝えていなかったのですが、感受性の強く、何か感じている様子でした。お風呂に一緒にはいると、私のお腹をじーっと見つめるようになっていました。

おへそをちょんちょんと触るようにもなっていました。「どうしたの?」と聞くと、にこりと笑うだけでした。そして、とても甘えん坊になりました。「抱っこして」とよく言っていました。私が座っていると、うしろからくっついてきて、おんぶをするようにへばりついていました。

お腹が大きくなってくると、抱っこするのも力がいるし、立って座ってするのも辛かったです。外で遊ぶのも一苦労でした。「三輪車おして?」とよく言われていて、お腹を抱えて、三輪車にのせて散歩しました。「お腹に赤ちゃんいるから遊べない」と言うのはどうしても嫌で、ぎりぎりまでがんばりました。

それが切迫早産につながってしまったのですが・・・。雪の日も、一緒に外へでて遊びました。お腹がぽっこりとでてきて、よくわかるようになった8ヶ月頃に「お腹に赤ちゃんいてるんだよ」と話しました。できるだけ育児をと考えていたので、妊娠を理由に我慢させることは避けたかったので、遅くに話しました。

子供は「うん」とよく聞いてくれ、お腹をなでてくれました。「かわいいね」と声をかけてくれました。きっと男の子だよという意味だったのだと思います。