私が映画が大好き

夫婦のよい思い出作り

結婚する前は、よく映画館で映画を観ていましたが、妊娠・出産すると全く行かなくなっていました。私たち夫婦はとても映画が好きなのですが、小さな子どもを連れて映画館には行けないし、諦めていました。

そんなときに、トランスフォーマーが上映されていて、どうしても映画館で観たくて、両親に預かってもらい、主人が仕事が終わってから行くことになりました。両親にべったりで、まず泣くことはないだろう。ただ、夜寝かせるのだけが大変だろうなぁと思っていました。

私たちは、映画を見終え、外へでて携帯をだすと、母からたくさんの着信がありました。もちろん電源を切っていたので気づくはずもありません。すぐにかけ直すと、「お母さん言うて、すごい泣いてるんや?いつもお母さんおらんでもいい子してるのになぁ。」と言われました。

電話をかわってもらうと、「お母さん、どこ?お家に帰りたい。」といわれ、「すぐに帰るからね。待っててね。」と言って電話を切りました。主人と実家に向かう途中に、また電話があり、「今、泣きながら寝てしまったから、明日連れていくわ。」と言われました。

まさか泣くとは思っておらず、両親もお手上げだったようです。今まで、何度か実家で一人で泊まったこともあるんですが、泣かれたのはそのときが初めてでした。私たちがどこかへ出かけたことを察知していたのかもしれません。

両親がいるので、泣いていたも大丈夫とわかっていても、実際泣きながら「お家に帰りたい。」と言われると、かわいそうなことをしてしまったなぁと思いました。映画は面白かったですが、これに懲りて2人で映画鑑賞はこれっきりになっています。